ご希望の玉を押してください。

ドメインの取得・設定・SSL化

敷島博士
敷島博士

サーバーの契約を完了したら、いよいよドメインの取得です。

ここで問題です。プレミアムドメインのdaiki.com(氏名)やyukri.jp(農園名)をどのようにして取得したか。

答えは簡単です。早く申請したから(笑) daiki.comは20年以上前に取得しました、

 ブログ名や野菜のブランド名を考え、取得するドメイン名を検討してください。
※希望のドメインがすでに取得されている場合は、工夫が必要です。例えば
・このサイトtamatehako.comのように読み方を工夫する。
・音読み、訓読みで工夫する。
・Kをcにする。
・数字やーを追加する。 など

スポンサーリンク

レンタルサーバーと同じ会社(Xサーバー)で、ドメインを取得する方法

ドメイン永久無料キャンペーン

クリックしてください。ドメイン永久無料キャンペーンに進む

ドメイン通常有料取得

クリックしてください。ドメイン通常有料通常有料に進む

スポンサーリンク

レンタルサーバーと別々の会社でドメインを取得する方法

他社ドメイン お名前ドットコムでドメインを取得

敷島博士
敷島博士

希望のドメインは決まりましたか!ドメインは早い者勝ちです。
レンタルサーバー(Xサーバー)と別々の会社(お名前ドットコム)でドメインを取得する方法を説明します。

クリックしてください。お名前ドットコムでドメイン契約に進む
スポンサーリンク

レンタルサーバーにドメインを設定する方法

敷島博士
敷島博士

他社で取得したドメイン「ゆかり農縁yukari.jp」を例として、Xサーバーにワードプレスを設定する方法を説明します。
事前にネームサーバーにドメインを登録する必要があります。

OP№ xds1
XSERVEパネルログイン

契約時に設定したメールアドレス又はサーバーID・パスワードをXサーバーのサーバーパネルに入力してください。
ログインⒷ①をクリックしてください。


OP№ xds2 ドメイン設定
ドメイン設定クリックしてください。


OP№ xds3 ドメイン設定追加
ドメイン設定追加クリックしてください。


OP№ xds4 ドメイン設定
yukari.jp(※ご自身のドメイン)を入力してください。
⇒Ⓑ無料独自SSLを利用す」・「高速化・アクセス・・・」を必ずチェックしてください。
確認画面へ進むクリックしてください。


OP№ xds5 ドメイン設定追加
確認後、通知するクリックしてください。


無料独自SSLの設定に最大1~2時間程度中断します



ワードプレスをインストールする方法

敷島博士
敷島博士

希望のドメインは取得できましたか。
いよいよ、ブログを動かす無料ソフトWordPress(ワードプレス)のインソールです。
Xサーバーにワードプレスをインストールする方法を説明します。

OP№ wpk1 WordPress簡単インストール
Xサーバーサーバーパネルログインしてください
設定対象ドメインに設定したドメインがあるか、確認してください。
WordPress簡単インストールクリックしてください。


OP№ wpk2 
XSERVEドメイン選択

該当のドメイン選択するクリックしてください。


OP№ wpk3 
XSERVE簡単インストール

設定ドメインの確認、WordPressインストールクリックしてください。



OP№ wpk4
WordPress簡単インストール

⇒Ⓐ設定対象ドメイン名選択してください。
⇒ⒷサイトURLドメイン名と同じか確認ください。
⇒Ⓒブログ名:あとで変更できます。(例:ゆかり農縁)
Ⓓユーザー名:ワードプレス管理画面のログインに使用します。
⇒Ⓔパスワードワード:プレス管理画面のログインに使用します。
Ⓕメールアドレス:ワードプレス(ゆかり農縁)からの通知用メールアドレスです。メールアドレスは連絡用に作成したもの(renracu@gmail.com)を表示していますので、ご自身のものを入力してください。
⇒Ⓖキャッシュ自動削除:ONにするチェックしてください。
⇒Ⓗデーターベース:自動・・・チェックしてください。
確認画面へ進む④クリックしてください。


・ユーザー名とパスワードは、メモってください。
・パスワードは、大小文字・数字・!#$%=~^|:_[].+-*/などを使い複雑なものを設定ください。

OP№ wpk5
WordPress簡単インストール
⇒Ⓐ以下の内容でWordPressをインソールしますか?確認してください。。
インストールするクリックしてください。
⇒Ⓐ内容確認、誤りがなければメモしてください。
インストール完了です。


OP№ wpk6
WordPress簡単インストール

ログオフクリックしてください。


サイトを常時SSL化する方法

太郎
太郎

常時SSL化とは何ですか。

敷島博士
敷島博士

 サイトを訪れ、利用する人の通信データを暗号化する仕組みで、安全に利用できるようにすることです。

太郎
太郎

SSL化しないと、どうなりますか。

敷島博士
敷島博士

 webブラウザのアドレに警告が表示されます。
 「Xサーバー」クイックスタートの方は自動でSSL化されています。

【iphoneサファリの表示】
SSL化(https://)していないと安全ではありません等の表示がされます。

OP№ ssl1 通常契約ログイン
グーグルなどにワードプレス管理画面URL①を入力してください。
⇒Ⓐユーザー名とパスワードを入力してください。
ログインクリックしてください。


OP№ ssl2 WP一般設定
ワードプレス左側の管理画面(ダッシュボード)の設定一般をクリックしてください。


OP№ ssl3 WP一般設定
⇒Ⓐサイトのタイトル・キャッチフレーズを修正できます。
⇒ⒷWordPressアドレス・サイトアドレスのhttp://にsを追加してください。(※必ず半角:1バイトで)
変更を保存クリックしてください。


OP№ ssl4 サーバーパネル
ホームページ⇒htaccessクリックしてください。


OP№ ssl5 ドメイン選択
該当のドメインの選択するクリックしてください。


OP№ ssl6 htaccess編集
設定対象ドメイン確認、htaccess編集クリックしてください。
htaccessのソースコードが表示されます。


OP№ ssl7 
htaccess編集追加

⇒Ⓐ3行目に追加するため、スペースを作り、中断します。


OP№ ssl8 XSERVEマニュアル
📖マニュアルクリックしてください。
マニュアルの検索に常時SSL入力検索🔍クリックしてください。
1..htaccess>Webサイトの常時SSL化クリックしてください。


OP№ ssl9 
マニュアル常時SSL化
ソースコードをコピーしてください。

ソースコード

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

OP№ ssl10 SSL化追加
コピーしたソースコード3行を張り付けてください。
⇒⑪確認画面へ進むクリックしてください。


OP№ ssl10 ssl11
htaccess編集完了

実行するクリックしてください。
ログアウトクリックしてください。


敷島博士
敷島博士


「http://~」のURLでアクセスした時、自動的に「https://~」のURLへ転送されていれば全ての設定は完了です。

タイトルとURLをコピーしました